無害なのに効果安定。未来の除菌剤”MA-T”を使った空間除菌が注目されています!

無害なのに効果安定。
未来の除菌剤”MA-T”を使った
空間除菌が注目されています!

今、経営者や施設運営者を悩ませる「空間除菌の方法」

コロナウイルスの流行が落ち着きを見せてきた昨今、オフィスや大規模施設も通常の営業や運営に戻りつつあります。
そのような中、企業経営者や施設運営者には、依然として徹底した感染防止対策が求められています。

ドアノブやデスク、蛇口など、人の手が触れるところは、除菌剤や消毒剤などで拭き上げをすることで対策が可能ですが、空間にただようウイルスへの対策はどうすればよいのでしょうか。

この空間除菌こそが、経営者や運営者の頭を悩ませている新たな問題なのです。

いち早く流通し始めた「次亜塩素酸」。でも活用には問題点も・・・。

空間除菌の問題を解決するため、新型コロナウイルス流行から間もなく多数の空間除菌サービスが誕生しました。
これらは、一般的に「次亜塩素酸」を用いたものが主流となっています。

「次亜塩素酸」空中噴射の問題点

「次亜塩素酸」を用いた空間除菌サービスが誕生しましたが、この方式は、ウイルスの不活性化については効果が期待できるものの、常時の空間噴霧については人体や金属製品への悪影響が懸念されています。
このことから、施設内設備のうち人の手が触れる箇所(コンタクトポイント)については、アルコールや界面活性剤、次亜塩素酸水等での拭き上げによる除菌を実施しつつも、空間中のウイルスについては、有効な対策を実施できないケースが多く見られます。

未来の除菌剤 “MA-T”の登場

そのような中、2010年に確立された技術で、2020年ごろから徐々に製品として普及が進んでいった注目の素材があります。
それが ”MA-T” 別名「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」です。

“MA-T”(別名「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」)とは?

”MA-T” が既存の消毒剤と決定的に違う点は、ウイルスと接触すると水性ラジカル(除菌成分)を生成して消費し、その後またウイルスと接触する度に、水性ラジカル(除菌成分)を生成できるという点にあります。

要するに、空間中の除菌成分がウイルスの量に従い増減するということです。これは既存の消毒剤には存在しえない独自の性質です。
この特性を活かすことで、施設の利用者数の大小にかかわらず、常に一定品質の除菌空間を保持することが期待できるようになりました。

また、”MA-T” はその特有の性質から、以下の特性をも備えています。
・99.985~99.995%が水であり人体への影響が圧倒的に低い
参考:デジタルPRとプレスリリース配信
・電子機器など金属への影響もほぼない
・消臭効果や花粉、他の様々な種類の菌に対しても効果が見込める

”MA-T” を日常に取り入れて気軽に使いたい!

これらの特性に注目し、各企業は競って「要時生成型亜塩素酸イオン水溶液」を使った除菌関連製品を発表しています。
いずれも、家庭などで使用できる手持ちスプレータイプの小型のものが主流となっており、定期清掃にプラスして利用することでさらなるウイルス対策が期待できます。

定期清掃、日常清掃を外部に委託して、大部分の清潔さを保ちながら、空間のリフレッシュは”MA-T”で。
withコロナ時代ならではの商品を活用して、さらなる快適空間を目指しましょう!

最新の口コミ
ダイキチカバーオール
大阪・神戸
いつもお世話になっている会社です。4月から契約開始で現在2年目です。
株式会社アロン(ハウスクリーニングのオン)
福岡
昨日お願いして翌日対応して頂けて大変良かったです。 電話対応も作業スタッフも丁寧...
株式会社アロン(ハウスクリーニングのオン)
福岡
中古マンション(築15年程度)を購入して、入居前にハウスクリーニングをお願いした...
株式会社アロン(ハウスクリーニングのオン)
福岡
サービスがよくて値段が安い。
株式会社アロン(ハウスクリーニングのオン)
福岡
仕事が早くかつ丁寧だった。感じもとてもよかった。

清掃に関するお役立ちコンテンツ一覧